行政書士辻雅清のご挨拶

行政書士 辻 雅清のご挨拶

お忙しい中、当ホームページへお越し頂き、ありがとうございます。
はじめまして
大阪府大東市の行政書士 辻 雅清と申します。
当事務所では、大阪での経営事項審査申請を始め、様々な申請業務を行っております。
当ページから始まる皆様とのご縁を、大切に育てたいと思い、日々努力しております。

携帯電話やタブレット端末でご覧の場合、改行等読みにくい点がございますが、
ご容赦くださいますようお願い申しあげます。

『自分で作って提出しても、大阪府庁から何を言われるか不安だ』
『大阪府庁から補正を受けたけど、どう直して良いのかさっぱり分からない』

私自身、行政書士になる前に、
父の会社の建設業許可の書類を作った経験があるので、
こういった不安や疑問を抱えているご依頼者様の気持ちはよく分かります。
(この時の申請では補正を5回も受け、今となっては良い思い出です。)

当事務所はフットワークの軽い行政書士を目指しているので、
ご依頼者様の事務所まで出向き、迅速かつ丁寧に経営事項審査申請の代行をさせて頂きます。

仕切り線1

大阪での経営事項審査申請は、行政書士辻法務事務所にお任せ下さい

経営事項審査とは?

経営事項審査とは、各自治体が発注する建設工事に入札する為の手続きであり、
具体的には、財務状況や技術力等を点数化するものとなります。

経営事項審査は1年に1回受ける必要がある為、
簡単なイメージで言うと、1年間の成績表みたいなものとなります。

各自治体への入札の流れ

① 建設業許可の取得
② 経営事項審査を受ける
③ 入札を希望する自治体への指名願い
④ 希望する建設工事に入札

経営事項審査を受ける為には、建設業許可が必要なので、
この許可がない場合は、建設業許可の申請から始めることになります。

尚、会社設立直後の業者様であっても、
経営事項審査を受けることは可能ですが、点数が低くなる為お勧めは出来ません。
当事務所では、大阪府内の業者様の申請をサポートさせて頂きます。 → お問合わせ

仕切り線1

行政書士 辻 法務事務所からの3つの約束

代表者様は事務所に居て下さい。
行政書士の私が大阪での経営事項審査申請に必要な書類等を揃えます。

大阪での経営事項審査申請は、行政書士辻法務事務所にお任せ下さい

多忙な代表者様の負担軽減をお約束します

大阪での経営事項審査申請に必要な書類(一例)

◇ 健康保険・厚生年金標準報酬決定通知書
◇ 健康保険・厚生年金保険の納入告知額・納入済通知書
◇ 雇用保険被保険者資格取得確認通知書
◇ 労働保険概算・確定保険料申告書
◇ 防災協定書 

『事務所内にあるけど、何処にあるか分からない』
『名前は知ってるけど、どんな書類か頭に浮かばない』

経営事項審査では、これらの書類が必要となりますが、
こういったお話をよく伺い、見つけるのに苦労するケースが多いです。

当事務所では、これらの書類を集める場合、
電話やFAX等を利用してやり取りを行うのではなく、
直接事務所に出向いて、事務員様と一緒に経営事項審査に必要な書類を集めさせて頂きます。

ご依頼者様にとって、フットワークの軽い行政書士になることをお約束します。

※ 当事務所の対象地域は大阪府内全域です。

大阪での経営事項審査申請は、行政書士辻法務事務所にお任せ下さい

必要書類の収集を行います

経営事項審査申請では、事務所内にある書類だけではなく、
納税証明書等、事務所を出て取りに行かないといけない書類もあります。

これらの書類は、管轄によって取得場所が異なりますが、
大阪府内や大阪市内となり、事務所所在地によっては半日仕事になる可能性もあります。
(例 大東市が所在地の場合は、枚方市まで出向く必要があります。)

当事務所では、委任状にハンコを押して頂ければ代わりに取りに行きます。
又、経営事項審査申請では、ご依頼者様によって必要書類が異なるケースもあるので、
不要な書類を取得したという間違いが起きることもなく、経費節減にも繋がります。

電話応対や事務作業等、多忙な事務員様の負担軽減をお約束します。

大阪での経営事項審査申請は、行政書士辻法務事務所にお任せ下さい

皆様とのご縁を大切にします

私が行政書士になる前は、父の経営する大阪の建材屋で働き、
主に大阪府内の業者様向けに再生砕石やマサ土等を販売しておりました。

そこで、父が依頼していた行政書士と出会い、
正直な話、その行政書士の振る舞いに良い印象を抱くことが出来ず、
建設業許可の更新を自分でチャレンジしたのが、行政書士を目指すきっかけとなりました。
(大阪府知事許可 土木工事業の更新)

手引きや大阪府庁内の相談コーナーを利用し、書類を作成しましたが、
補正で5回も足を運んだことは、今となっては良い思い出となっております。
(相談コーナーにいた行政書士の先生に大変お世話になりました。)

もちろん、現在は行政書士として経営事項審査申請をさせて頂きますので、
補正で5回も大阪府庁に足を運ぶようなミスは起こさないので、ご安心下さい。

父から教わった大切な言葉があります。

『ご縁を大切にする。』
『何かのご縁で知り合った業者さんとは、互いに幸せになれるようにしなさい。』

この言葉を忘れずに、行政書士として皆様と接することをお約束します。

仕切り線1

ご依頼者様の声

当事務所にご依頼頂いた業者様の声です。
依頼を考えている代表者様にとって、有益な情報になれば幸いです。

大阪での経営事項審査申請は、行政書士辻法務事務所にお任せ下さい

大阪府 株式会社 山口設備様

決算変更届 経営事項審査 指名願い 建設業許可更新(大阪府知事許可)

ホームページを立ち上げるとは、おめでとう。

辻君のおやっさんとは、もともと取引させてもらっていたから、
行政書士になったと聞いて、すぐに連絡しました。

知らない行政書士より、知ってる行政書士の方が良いから、
辻君に経営事項審査を頼むことに迷いはなかったです。

もう今年で経営事項審査は、3回お願いしていますね。

始めは自信がないって言ってたことを覚えてるかな?
それでも、何度も事務所に来てくれて、必死にやってくれている姿勢は、きちんと伝わりました。
丁寧な仕事振りには関心しています。

まだまだ大変だろうけど、行政書士として頑張って下さいね。

仕切り線1

大阪での経営事項審査申請は、行政書士辻法務事務所にお任せ下さい

仕切り線1

大阪での経営事項審査申請は、行政書士辻法務事務所にお任せ下さい

経営事項審査申請に係る料金

当事務所報酬 108,000円+分析費用+審査手数料+証明書代等

※ 年間売上が5億円未満で、大阪府の建設業許可(知事)を有している業者様が対象です。
  (5億円以上の業者様は、別途ご相談下さい。)

※ 当事務所報酬は税込表記となっております。
※ 上記報酬には決算変更届(大阪府)の提出も含みます。
※ 対応地域は大阪府内全域であり、経営事項審査に関する虚偽申請は致しません。

※ 分析費用とは、経営状況分析機関へ支払う手数料です。(13,000円)
※ 審査手数料とは、大阪府へ支払う証紙代です。(11,000円~)
  (2業種目以降は1業種につき、+2,500円ずつかかります。)
  (例 3業種の場合は、11,000円+2,500円×2)
※ 証明書代とは、納税証明書等の取得にかかる費用です。
※ 分析費用・審査手数料・証明書代は、経営事項審査では必ず係る費用であり、
  行政書士に依頼しなくても用意する必要があります。

仕切り線1

大阪での経営事項審査申請は、行政書士辻法務事務所にお任せ下さい